SK通信|脅威を増すサイバーセキュリティー被害

今回のSK通信ではセキュリティ被害についてご紹介いたします。近年、ニュースではサイバーセキュリティ被害について報道されるようになりました。情報通信技術の発達により、便利な通信サービスが増えています。
しかし利便性は、一方で裏の面を持ちます。油断につけこまれてしまい、サイバー犯罪に巻き込まれてしまう場合もあるため、注意が必要でしょう。
セキュリティ被害として多いのが、個人情報の流出です。氏名や住所の他、クレジットカード情報が盗まれてしまうケースも事例としてあります。
こうした情報が犯罪者の手に渡った場合、また別の犯罪のために悪用される恐れがあります。
そのため、個人のサイバーセキュリティ犯罪への防犯対策は、責任を持って心掛けるのが大切です。
例えば、パソコンやスマートフォンで、不用意に怪しいサイトを訪れないようにしましょう。また出所の分からないファイルを開くのは、慎重に行った方がいいです。
情報端末がウイルスに感染してしまい、内部に記録されている個人情報が流出する恐れがあります。
たとえパソコンなど情報端末が、個人情報の収集を目的としたウイルスに感染したとしても、外観上の変化は察知できません。利用者が知らないうちに、ウイルスによってこっそり情報が盗み取られていて、本人は気づきません。
そこで、個人でできるサイバーセキュリティ対策として、ウイルス対策の重要度は高いです。セキュリティソフトを導入し、万が一のウイルス感染を予防できます。
またウイルスに感染したとしても、問題となるデータファイルをウイルス対策ソフトが、ただちに除去してくれます。
これからの情報通信社会の中で、個人によるサイバー犯罪対策は身の安全を守るための大切なテーマです。

サイバーセキュリティ被害は、企業にも起こりうるリスクです。企業は、事業のための重要な情報を扱っています。それだけに、犯罪者からは狙われやすいです。
しかしながら、きちんと効果的なセキュリティ対策が出来ている企業は、少ないのが現状です。これまで地道に事業実績を積み重ねてきた企業が、サイバーセキュリティ上の問題により足元をすくわれるといったケースが珍しくありません。
企業の機密情報が、産業スパイによって盗まれるケースは珍しくありません。顧客情報もまた、犯罪者に狙われやすいデータです。あるいは純粋に、企業に対する恨みや妬みから、サイバー犯罪に巻き込まれる場合もあるでしょう。
これからも、どのようなサイバー犯罪の被害を企業が被ることになるのか、正確には予測できません。企業防衛の一つの課題として、サイバー犯罪対策が不可欠です。まずは、企業内にサイバー犯罪対策のための部署を設けるのが有効です。
専門的に犯罪抑止に関わる専門スタッフを設けることで、確実なガードができます。
また情報セキュリティコンサルタントからサポートを受けるのも、対策方法です。サイバー犯罪対策が必要と分かっていても、どのようにすれば効果的な犯罪抑止ができるのか、専門的な面で分からない部分が多いです。プロの目から見ると、セキュリティ上の問題が次々と明らかになります。
ハッキングやウイルス感染など、情報犯罪による企業へのダメージを考えれば、セキュリティ対策に伴うコストは微々たるものでしょう。
事前にきちんと責任を持って安全対策を講じておくのが、企業としての務めです。大切な顧客情報を扱う企業は特に、情報セキュリティへ強い関心を持ち被害を食い止める対策が必要です。

時としてサイバーセキュリティ被害にあう場合があるのが、行政機関です。行政機関は、社会機能の維持のための重要な役割を果たしています。
しかし、内部情報が盗まれたり、公式サイトがハッキングされるなどの犯罪が後を絶ちません。
場合によっては、行政機関の公式サイトが媒介となって、ウイルスを伝染させるリスクにも注意が必要です。行政機関のサイト利用者は多いため、影響は急拡大します。
こうしたサイバー犯罪によるダメージを行政機関が受けてしまうと、市民や企業へ提供するサービスが滞ってしまいます。
その他、行政機関へのサイバーセキュリティ被害は、外交や防衛にとっても重大なリスクです。国家間の重要機密に関する情報流出により、国際的な関係を悪化させることにもなりかねません。
それだけに、世界規模から見て被害による影響は、計り知れないものです。
これらの行政機関へのサイバーセキュリティ被害の影響を考慮すると、万全のセキュリティ対策が不可欠であるのが分かるでしょう。
かつての行政機関にとってのサイバー犯罪に対する意識は、あまり高くない傾向にありました。しかし影響の深刻さを重く受け止め、対策が進んでいます。
また行政機関は、市民や企業に対するサイバー犯罪抑止の注意喚起に積極的です。
いまやサイバーセキュリティ犯罪は、社会的に大きな課題であり、行政機関も無視できないものです。サイバー犯罪対策のための専門チームを設け、対策に乗り出しています。

株式会社エス・ケイ通信
http://sk-t.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 東京ドーム ランチを食べる時に、軽く済ませたいと考える人におすすめなのがHoney Tripです。こ…
  2. 永田紙業は、とにかく他にはない独自のサービスづくりに力を入れています。バリエーション豊富なリサイクル…
  3. スピリチュアリー東京は丸の内 占いの中でも人気のある占いの会社です。やはり人気がある最大の理由はなん…

アーカイブ

ページ上部へ戻る