鹿児島国際大学の積極性のあるグローバル視点の人材を育成する教育方針とは

鹿児島国際大学は歴史ある伝統校で、1932年に鹿児島高等商業学校を設立して以降、経済学部や社会学部などの新しい学部を増やすなどをして、2000年の国際文化学部の開設を機に今の名称である鹿児島国際大学となりました。鹿児島県鹿児島市坂之上を本部とした私立大学でIUK,鹿国大の略称で呼称されています。また、鹿児島高等商業学校は九州で初の私立学校による商業系高等学校でした。

鹿児島国際大学は学生自身の可能性を引き出すための教育方針を敷いており、これに準じ、工夫された様々なカリキュラムや制度を設置しています。また鹿児島国際大学の建学の精神として、国際的な視野を持つ人材育成と、こうした人材によった地域社会への貢献を軸に、これを実現させるための学生教育を行っています。例えば交換留学や、海外研修などへ学生たちは意欲的に参加をし、語学力を高めるだけでは無く、訪れた国の文化や社会を自らの経験によって理解を深め、グローバルな視点で考察する能力を高めるなどを目的としています。また、現地のビジネスマンからの生の声を聞く機会を与えることや、現地での就業体験など実践的な内容となっています。
また、鹿児島国際大学は国際交流だけでなく、地域社会との繋がりを重要とし、学生自らが地域社会との交流や関心を深めることで、その活性化や発展に必要なファクターを考察し探求する活動を行っています。大学から外へ学生が足を運び、実際に見て、聞くことによった調査を重ね、資料収集や発見などに努めるなどのフィールドワークを進めています。こうした交流や経験によって積極性が身につくことや、自身の能力や素質を客観視することによって自身の進路などを決定づける機会ともなっています。また、地元企業での研修では、社会生活に置けるマナーを知り、就業体験によって仕事への関心を深めるなどアクティブで実践的な研修制度となっています。

こうした学生自身の経験や積極性を活かす学風に沿い、学生生活も活発な活動が多く、サークル活動は特に熱意のあるものとなっています。体育会系のサークルでは、全国規模の大会に出場するなどをし鍛錬を重ねています。文化系サークルでは、福祉やインターナショナルなサークルの他、鹿児島国際大吹奏楽団などは本格的な公演による演奏を披露しており、地元イベントへの出演や、ゲストとして演奏したりと、地元の活性化に貢献する活動内容となっています。

鹿児島国際大学
http://www.iuk.ac.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 永田紙業は、とにかく他にはない独自のサービスづくりに力を入れています。バリエーション豊富なリサイクル…
  2. スピリチュアリー東京は丸の内 占いの中でも人気のある占いの会社です。やはり人気がある最大の理由はなん…
  3. リフォームは、今までの家を一新するものであり、人生のなかでも大きなイベントと言えるのではないでしょう…

アーカイブ

ページ上部へ戻る