なぜ佐藤氏が代表を務めるミュートスのMR-SFAが選ばれるのか

医療業界向けの統合CRMシステムや医療MR向け営業支援システムを行っているところに株式会社ミュートスがあります。株式会社ミュートスの代表は佐藤氏となっていますが、この佐藤氏によって現在に至るまでさまざまなサービスが提供されています。
佐藤氏が代表となっているミュートスでは、MR-SFAが行われていますが、なぜ多くの製薬会社で選ばれているのかが気になります。そこにはいくつかの理由が考えられていますが、まずは豊富な導入実績を持っているミュートスだからできるお客さまへの提案力というものがあります。佐藤氏は医療業界でのたくさんのシステムの開発や導入支援や運用保守サポートに力を入れてきました。それが実績となって多くの人に認められているのですが、今まで行ってきた実績を元にテンプレートを作成し、そこで構築したシステムによって早く安く上手に提供することができるようになっています。MR-SFAが製薬業界に特化したエンジニアが持っている改善や改革の提案ができる機動力が大きな魅力となっています。

このほかにMR-SFAでは、テンプレートベースを製作することによって短期間開発と低価格を実現することができるようになっています。ここではイメージと違うというような手戻りがありません。新しく最初からヒアリングしながら進めるのと比べると、短い時間でのシステムの導入が可能となっています。MR-SFAでは既成のパッケージのように業務をシステムに合わせなければいけないと言うことがありません。今まで行ってきた業務運用に合わせて改善や改革を行った業務スケジュールに合わせて段階的にカスタマイズしていくことができます。このほかにミュートスのMR-SFAでは、スマートフォンやタブレットパソコン用に最適化したカスタマイズを行うこともできます。

佐藤氏が代表となっているミュートスでは、国内医療業界に合わせたテンプレートを使っています。ここで基本となるテンプレートは、国内の大手製薬会社に納入したシステムになります。その結果今までの導入実績や時代の流れに合わせたデザインや操作性能の見直しができます。マルチプラウザやタブレット対応を施して、バージョンアップを行ってきました。したがってミュートスのサービス基盤からクラウドサービスとしての提供をすることもできます。そしてこれらのサービスが認められ2014年9月現在、実に13社という多くの国内製薬会社に導入されています。

株式会社ミュートス
http://www.mythos-jp.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新投稿記事

  1. リフォームは、今までの家を一新するものであり、人生のなかでも大きなイベントと言えるのではないでしょう…
  2. 2017年の春にはれて社会人として働くことになった松岡哲也氏は、2017年3月に大学を卒業したばかり…
  3. 人々からは常に人気者といわれているのが村瀬孝司です。彼はある会社の社長を務めているのですが、その会社…

アーカイブ

ページ上部へ戻る