テクニコの事業やその評判、転職者求人活動の特徴とは

テクニコとは大阪や東京にオフィスを構える、音響や舞台装置のオペレーションを主に行う会社です。創業は1986年で本社は大阪にあり、1989年には東京にも支社を作って進出しています。どのようなところでオペレーションを行っているのでしょうか。一例としては全国約30箇所にもなる有名なホテルです。そこにスタッフが常駐して、イベントなどの音響を担当します。具体例としてはホテルニューオータニや第一ホテル東京、東京ドームホテルなど名だたるものが挙げられます。そのようなホテルで結婚式を行った時にテクニコのオペレーターがビデオを流したり、音楽や照明を操作してドラマチックに盛り上げたりしています。また特に有名なホテルになると、企業の商品発表会や映画の宣伝用のセレモニー、その他にも記者発表会などマスメディアにも取り上げられるような舞台も頻繁に開催されます。テクニコではこのような注目を浴びやすい舞台においても、音響や映像のオペレーションを行っているので、そういった会社の実績から同社が業界でどのような位置にいるかの評判が伺えてきます。会社の中には新卒で入社した社員、転職で入社した社員の両方がいて特にわけ隔てなくチームを組んで、ホテルやイベント会場で業務にあたっています。

どのようにテクニコがイベントを完成するまで業務を遂行しているかを、ホームページ上で確認できます。テクニコではイベント開催を希望するクライアントから依頼を受けると、窓口担当者が要望を詳細にヒアリングし、社内で担当プロデューサーを選定します。そして打ち合わせを繰り返して見積もりや細かいところまで記載した計画書を作成して提案を実施。またオペレーションのみを行うプランだけではなく、社内には映像コンテンツを制作する部署もあるので、当日に上映する映像の制作も請け負っており、トータルな部分でのイベント運営を依頼することも可能です。その後イベントが決定したら社内で準備などの実作業を行います。機材やオペレーターなどの当日に必要なものと人員を社内のサポートセンターで手配します。映像コンテンツに関しても取材や素材など、製作に必要な物を制作チームとプロデューサーでチームを編成し、作成していきます。絵コンテや仮編集など段階を経てクライアントに内容を見せて評判を聞き、一週間前までには作品を仕上げ、そして前日や当日の朝に機材を搬入し、設営を完了させます。設営が終わり次第プロデューサーやディレクター、担当者を集めてリハーサルを行い準備項目をチェックし、修正するなどトラブルの発生をさせるマニュアルが整備されているので、滞りがおきないスムーズな設営となっています。更に本番中も無線で連絡を取る体制を整え、臨戦体勢で万が一のトラブル発生にも対処し、バックアップ用の機材も用意しているので、来場者に気づかれず、トラブルをすぐにフォローできる体勢が作られているのも特徴ではないでしょうか。

オペレートを行う人員の整備も注力されており、同社では転職希望者の積極的な受け入れを行っています。転職希望者は会社の評判をまず見がちですが、テクニコでは会社の中での労働者側から見た会社の評判がよく分かるコンテンツを作成し掲載。転職者も同社では約三分の一と多く、活躍しやすい土壌の整備に注力しているとサイトでアピールしています。またアクションプランとして育児休暇の積極的な制度の整備や、給与の水準に対する考え方も掲載されており、転職者が一番気になりやすい福利厚生面での取り組みも進めていることが伺えます。社員によるアンケートでもそのような待遇の評判は良いものがあり、転職希望者にとっては検討の材料が揃っていて、転職の候補にしやすい会社となっています。

株式会社テクニコ
http://www.technico-co.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 永田紙業は、とにかく他にはない独自のサービスづくりに力を入れています。バリエーション豊富なリサイクル…
  2. スピリチュアリー東京は丸の内 占いの中でも人気のある占いの会社です。やはり人気がある最大の理由はなん…
  3. リフォームは、今までの家を一新するものであり、人生のなかでも大きなイベントと言えるのではないでしょう…

アーカイブ

ページ上部へ戻る