永田紙業の豊富な資源回収サービスの魅力を社長の永田耕太郎が語る

永田紙業は、とにかく他にはない独自のサービスづくりに力を入れています。バリエーション豊富なリサイクル製品や、地球環境にもやさしいエコなリサイクル製品を展開しているリサイクル業者で、紙に特化した魅力的なサービスが展開されています。
今回は、リサイクル業者の永田紙業や社長の永田耕太郎にスポットをあてて解説をしたいと思います。同社は資源回収サービスが豊富ですが、どのようなリサイクル業者なのか分かりやすく解説します。

◆リサイクル業者の永田紙業と社長・永田耕太郎の紹介
リサイクル社会を目指し、エコで快適なリサイクル製品を多数展開している永田紙業をご存知でしょうか。社長が永田耕太郎のこちらの会社は、お客様目線に寄り添ったサービスが展開されています。
永田耕太郎社長は、どういったリサイクル製品を作ることでお客様満足度を高めることが出来るのか、ということに着目がされています。丁寧親切なスタッフの対応も魅力のリサイクル業者と評判の永田紙業は、社長の永田耕太郎の評判も良いです。
リサイクル理念ですが、西は関西圏、北は仙台地区まで網羅できる対応を構築しているのが大きな特徴です。地場の業者とパートナーを組んでいる企業でもあり、これからも古紙を中心とした快適なサービスづくりをしていくでしょう。古紙は需要の高い紙ですし、資源を有効活用できるサービスづくりに力を入れています。

◆リサイクルすることができるものはこんなにある
ゴミと一口に言っても、その種類はさまざまにあります。家庭からでるゴミもあれば、学校からでるゴミもあります。さまざまな種類がありますし、それぞれ資源として活用することができるようになっています。古新聞や古雑誌は家庭でもよく出るゴミです。他にはアルミ缶や布切れ、ダンボールや木製の割り箸と家庭からでるゴミにも種類がたくさんあります。こうしたゴミは使わない場合は捨てがちですが、上手にリサイクルをすることで地球環境にもやさしい資源循環型のリサイクル社会を作り上げてくれるのです。
資源回収サービスに特化している永田紙業株式会社は、永田耕太郎社長の思いがサービスづくりにも取り入れられています。古新聞や古雑誌とリサイクルできるものは種類豊富ですが、気になるという場合は相談もすることができるようになっています。

◆資源循環型のリサイクル社会の実現に向けて
永田耕太郎が社長の永田紙業は、リサイクル製品の企画と販売にも力を入れています。リサイクル製品の企画と販売はどのようなことをするのかというと、完全循環型社会の実現に向けた資源回収サービスを展開しています。産業廃棄物処理といったサービスの他にも、リサイクル製品の企画や販売をしているのが大きな特徴です。
リサイクル製品の企画と販売を永田紙業が行っているので、一貫したサービスづくりがされているのが魅力です。お客さんのエコ活動についてもバックアップしてくれるということで、地域密着型サービスになっているというのも大きな魅力と言えるでしょう。
資源循環型のリサイクル社会を実現するというのがこちらの会社のコンセプトです。他にはない独自の技法で高い注目を集めているリサイクル業者です。

◆長い歴史ある永田紙業の沿革と歴史
永田紙業の社長である永田耕太郎は、一貫したサービスづくりに力を入れています。こちらの永田紙業ですが、もともとは永田商店でした。創業されたのは、昭和34年の9月1日です。長い歴史のある資源回収サービスのエキスパートと言っても過言ではありません。48年間、お客様目線で満足度の高いサービスづくりをしているリサイクル業者です。
昭和47年に永田紙業株式会社に法人改組され、永田商店から名前が変わりました。それから同社は発展していき、昭和57年の8月には前橋事業所が開設、昭和62年の12月には足利事業所を開設、平成16年の1月には深谷事業所を開設と、非常に成長を続けるリサイクル業者です。リサイクル製品は使いやすいようにこだわられていますし、資源回収サービスは魅力満載です。

◆まとめ
長い歴史あるリサイクルのエキスパート企業である永田紙業株式会社は、創業から成長を続けるリサイクル業者です。沿革をみてもわかるように、最初は永田商店という名前でしたが永田紙業に変わっています。それから、著しい成長を続けるリサイクル業者として大きな注目が集まりました。古紙を中心に紙を有効活用したサービスづくりをしているリサイクル業者で、これからもますます成長を続けていく企業と言えるでしょう。
資源回収サービスはプロフェッショナルですし、他にはない独自のサービスが展開されています。地域密着のサービスづくりをしているのが大きな特徴で、人々の身近に感じられるバリエーション豊富なサービスが展開されています。
古新聞や古雑誌とリサイクルできるものはバリエーション豊富です。こうした要らなくなったものを上手に資源として活用しているのが永田紙業です。これからもリサイクル製品にチカラを入れていく永田紙業に注目です。

永田紙業株式会社
http://www.nagata-shigyo.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 永田紙業は、とにかく他にはない独自のサービスづくりに力を入れています。バリエーション豊富なリサイクル…
  2. スピリチュアリー東京は丸の内 占いの中でも人気のある占いの会社です。やはり人気がある最大の理由はなん…
  3. リフォームは、今までの家を一新するものであり、人生のなかでも大きなイベントと言えるのではないでしょう…

アーカイブ

ページ上部へ戻る