森口邦光が手掛ける事業の本質とは

森口邦光は、高齢化社会という現実に見舞われる日本の医療介護現場を担う人にとっては、何とも心強い味方といわれています。昨今においては、医師や看護師、薬剤師、介護士など、医療介護現場にとって必要な人材の不足の問題が浮き彫りになってきており、このままでいけば、日本の医療介護現場は立ち行かなくなるという悲痛な声もあがるほどになっています。この問題については、既に国家レベルでの取り組みが必要になっていることから、厚生労働省をはじめ、関連省庁においては、喫緊な対応を講じる必要があるとして、対策を模索しているものの、根本的な解決は程遠いとされています。

森口邦光は、住宅型有料老人ホームの清泉の宿を、開設したことで有名ですが、その取り組みは、現在においても、多くの医療介護従事者からも絶大な信頼を誇っており、多くの機関が、参考にしているといいます。森口邦光が考える医療介護のあり方は、あくまでも利用者目線でありながらも、決して、生涯を医師や看護師、介護士などの過剰な看護や介護を受けて過ごすというものではありません。それぞれの利用者の状況に合わせたキメの細かい看護や介護を行いながら、自立を目指していくというものであります。この方針の背景にあるのは、日本の医療介護や福祉などに必要とされる社会保障関連費用が増加の一途をたどっている中において、如何にして、子や孫といった世代に負担をさせないようにするかを真剣に考えているのです。年金や医療、介護などへの予算は、今後の高齢化も視野に入れた場合、莫大なものになっていくことは、容易に推測できます。無理なくできることは自分でするということが、結果として利用者にとっても有用になことだと考えているのです。

森口邦光の考えに賛同する意見があちらこちらで話題になっています。現代における老人ホームやケアハウスなどでは、少ない職員が、必死になって多くの利用者の面倒をみるという事態が起こっています。そんな中、森口邦光が手掛ける清泉の宿では、利用者の思いを尊重することに終始しており、一人部屋や相部屋などの中から、好みのタイプを選択することができるようになっています。この取り組みをすることによって、利用者同士の無用なトラブルを回避することができるといいます。いってみれば、今だけを見るのではなく、将来を見据えることが重要なのです。こんな小さなことの積み重ねが大きな信用につながっていくといえるでしょう。

株式会社清泉の宿
http://www.seisen-dayservice.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 永田紙業は、とにかく他にはない独自のサービスづくりに力を入れています。バリエーション豊富なリサイクル…
  2. スピリチュアリー東京は丸の内 占いの中でも人気のある占いの会社です。やはり人気がある最大の理由はなん…
  3. リフォームは、今までの家を一新するものであり、人生のなかでも大きなイベントと言えるのではないでしょう…

アーカイブ

ページ上部へ戻る