WEBディレクター、荻原綾さんのサイト思考

WEBディレクターは、デザイナーやプログラマー、コーダー、さらにはライターといったポジションの人たちをまとめ、サイト制作のプロジェクトを進行させる仕事です。荻原綾さんは、売れるサイト戦略を考えるWEBディレクターとして、コンテンツ重視の業務に取り組んでいます。そこで、今回は荻原綾さんならではの、「人気の出るWEBサイトディレクション」についてご紹介します。

サイト戦略を考えるポジション
売れるサイトとは、どのようなサイトを指すのでしょうか。まず、WEBデザインが優れたサイトは、それだけでコンバージョンの確保が見込めます。その理由は、ユーザーの居心地がよく、滞在時間が長くなりやすいからです。しかし、デザインだけでなく、コンバージョンが狙えるようなサイトを制作できると、もう一つ上の次元に行けます。荻原綾さんのセンスはこの部分であり、ただのWEBディレクターとはひと味違う魅力を持っているのです。

インバウンドマーケティングを重視
コンバージョンを確保すべく、荻原綾さんはインバウンドマーケティングを提唱しています。サイトのブランディングを行うために、記事コンテンツの品質を重視。ユーザーが、「購入したくなる」と思わせるサイト作りに取り組んでいるのです。コンテンツを執筆するライターは、売り込みすぎない文章を執筆できる人が多く、潜在顧客に発信できることが特徴です。荻原綾さんならではのディレクションで、コンバージョン率のアップ実績も多数あります。

現在、インターネットビジネスは成熟化、複雑化しています。荻原綾さんは、質の高いサイト制作を実施し、顧客満足度を高めるWEBディレクター。コンバージョンを確保できるサイトを作りたいなら、ぜひ相談してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 2017年の春にはれて社会人として働くことになった松岡哲也氏は、2017年3月に大学を卒業したばかり…
  2. 人々からは常に人気者といわれているのが村瀬孝司です。彼はある会社の社長を務めているのですが、その会社…
  3. トヨタカローラ北越は、新潟県長岡市を中心とし、多くのお客様へ自動車についてサポートを行っているお店で…

アーカイブ

ページ上部へ戻る