WEBディレクター、荻原綾さんのサイト思考

WEBディレクターは、デザイナーやプログラマー、コーダー、さらにはライターといったポジションの人たちをまとめ、サイト制作のプロジェクトを進行させる仕事です。荻原綾さんは、売れるサイト戦略を考えるWEBディレクターとして、コンテンツ重視の業務に取り組んでいます。そこで、今回は荻原綾さんならではの、「人気の出るWEBサイトディレクション」についてご紹介します。

サイト戦略を考えるポジション
売れるサイトとは、どのようなサイトを指すのでしょうか。まず、WEBデザインが優れたサイトは、それだけでコンバージョンの確保が見込めます。その理由は、ユーザーの居心地がよく、滞在時間が長くなりやすいからです。しかし、デザインだけでなく、コンバージョンが狙えるようなサイトを制作できると、もう一つ上の次元に行けます。荻原綾さんのセンスはこの部分であり、ただのWEBディレクターとはひと味違う魅力を持っているのです。

インバウンドマーケティングを重視
コンバージョンを確保すべく、荻原綾さんはインバウンドマーケティングを提唱しています。サイトのブランディングを行うために、記事コンテンツの品質を重視。ユーザーが、「購入したくなる」と思わせるサイト作りに取り組んでいるのです。コンテンツを執筆するライターは、売り込みすぎない文章を執筆できる人が多く、潜在顧客に発信できることが特徴です。荻原綾さんならではのディレクションで、コンバージョン率のアップ実績も多数あります。

現在、インターネットビジネスは成熟化、複雑化しています。荻原綾さんは、質の高いサイト制作を実施し、顧客満足度を高めるWEBディレクター。コンバージョンを確保できるサイトを作りたいなら、ぜひ相談してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 国内旅行も海外旅行も好きな浦壁伸周は、暇さえあれば世界を旅しています。人生の選択肢はとても多いと考え…
  2. 秀光ビルドはそれぞれの家族の理想を叶えるための素晴らしい商品ラインナップを用意しています。5つの選択…
  3. 東京ドーム ランチを食べる時に、軽く済ませたいと考える人におすすめなのがHoney Tripです。こ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る