料理にこだわる鄒積人

鄒積人の趣味は料理です。休日になるととにかくたくさんの料理を作るのですが、大体何を作るのかというのは、1週間のうちで食べたものの中で一番おいしいと思ったものがターゲットになっています。彼は結構な負けず嫌いというところがあって、自分が食べたものの中でおいしいと思ったものを超えることを目標として料理を作っているのです。

鄒積人の舌はとても敏感なところがあって、食べただけで何を用いているのかを即座に判別することが出来るのです。これはとても大きな才能であると言えます。これで、お店で作られている料理の8割近くは何が使われているのかを判別できてしまうと言います。ですから、味の再現と言う意味ではお手の物なのです。つまりは、少しアクセントを加えるだけでその味を超えることが出来ると彼は語っているのです。

鄒積人が最近特によく作っているのはチャーハンと言うことです。チャーハンといったら、そんなに難しくないと言われるかもしれませんが、中華料理の中でも特に基本とも言われるもので、油を飛ばしつつパラっとしたご飯を作るのはしっかりとした技術を身に付けなければできないと言われています。味を再現できても、このパラっとした感じを出すことができなければせっかくのチャーハンも台無しになってしまいます。ですが、彼はこの部分においてもしっかりと分かっていて、実際に食べたもの以上にいいものを作ることが出来ると豪語しています。

ちなみに、鄒積人の料理を食べた人の反応はと言いますと、やはり思っていた以上に大きな衝撃を受けたと語っています。特によく作っているというチャーハンについては、本当においしいと言う評判が多いということです。もしかしたらお店を出してもいいんじゃないかという声もあるのですが、本人はそれは仕事になってしまうから絶対にやりたくないと語っています。やはり仕事となると、変な使命感が出てしまいますし、それによって料理の味にも影響が出る。とにかく自由に自分が思ったとおりにやりたい。今はサラリーマンとしての仕事も充実しているからそれはまず無いと言っています。

鄒積人には素晴らしい才能がありますから、それをいい方向に活かせといつも言われているようですが、それを拒否して自分が行きたいと思う方向にどんどん進んでいます。それはとても素晴らしいことですし、人間として最高の人生の過ごし方だと思います。彼には今後もそのような精神で突き進んでいって欲しいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 東京ドーム ランチを食べる時に、軽く済ませたいと考える人におすすめなのがHoney Tripです。こ…
  2. 永田紙業は、とにかく他にはない独自のサービスづくりに力を入れています。バリエーション豊富なリサイクル…
  3. スピリチュアリー東京は丸の内 占いの中でも人気のある占いの会社です。やはり人気がある最大の理由はなん…

アーカイブ

ページ上部へ戻る