小学館が西茂弘氏に謝罪、真実は語られるのか

近頃、週刊誌のモラル低下が進んでいるような気がしませんか。
私はタレントでも有名人でもありませんので、直接的な被害を受けたことはありませんが、
第三者として中には納得のいかない報道もたくさんありますよね。
明らかに嘘の報道をして、後に謝罪をするというようなケースが個人的にとても嫌悪感を抱きます。

私の中で一番記憶に残っているものとして一例を挙げさせていただきます。
みなさんの記憶にも新しいものだと思いますが、女性セブンが2014年に報じた、
安室奈美恵の男女関係や洗脳、そして事務所からの独立というものがありましたね。
その報道の中で独立の黒幕と言われているのが、音楽プロモーターの西茂弘氏です。
女性セブンは、安室と西氏が、親密な男女の関係である、そして西氏に洗脳され、
安室の独立は西氏が関わっているという記事を掲載したのです。
しかしそのような事実は一切なく、西氏は女性セブンに対し裁判を起こしました。
勿論、根拠の無いものですからこれらの記事は事実に反するものとして認められ、
女性セブン側の敗訴となり西氏に対し謝罪するという結果になりました。
ただ、謝罪文は掲載されたものの、西茂弘氏に対する謝罪ではないように感じられました。
本人への確認をせずに掲載したことへの謝罪に捉えられました。
結局のところ、こちらが疑問に思う部分は語られることはありませんでした。

週刊誌はどうして根も葉もない嘘を、あたかも真実であるかのように掲載してしまうのでしょうか。
売上げを上げたいという気持ちは百歩譲ってわからなくもないですが、皆が求めているのは真実の情報です。
購買する側も、情報源が明記されていない記事を鵜呑みにすることは、
とても大きなリスクだということを考えておかなければなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 永田紙業は、とにかく他にはない独自のサービスづくりに力を入れています。バリエーション豊富なリサイクル…
  2. スピリチュアリー東京は丸の内 占いの中でも人気のある占いの会社です。やはり人気がある最大の理由はなん…
  3. リフォームは、今までの家を一新するものであり、人生のなかでも大きなイベントと言えるのではないでしょう…

アーカイブ

ページ上部へ戻る