神谷優太のクセ

ワインは、専門的な知識が求められる分野です。少なくとも、神谷優太は人一倍ワインに詳しいです。テーブルワインは食中酒として用いられ、値段の安さから、ご家庭で利用される方も多くおられます。神谷優太のワインバルでは、このワインをメニューに取り入れています。メニューは彼の手が着です。ボールペン時の通信講座で習得した腕前で、キレイな字を書かれます。彼の達筆で書かれた年賀はがきは、とても高い評判を得ているそうです。

複雑な行程を省き、よりリーズナブルな価格で料理を提供しています。その上で、ワインをお飲みになるお客様のため、ワインに適した料理を製作しています。軽食からこってりメニューまで、幅広いジャンルのメニューが提供されています。値段を安く抑えるために、色々と工夫をされているそうです。彼にとっては、工夫など造作もない事のようです。従来の考え方を払拭し、幅広い情報源を持つことが、彼の創意工夫の源泉だそうです。彼のスタッフは、その秘密を知って、驚いたとか。

神谷優太にとっては大した問題ではないことも、スタッフにとっては重要なことも多いです。彼の目指すお店は、大人の方がこよなく愛するお店です。彼の人生を象徴するかのような、誰もが憧れるお店です。スタッフは、彼のスパルタ指導に音を上げているとか。ひとつの事にこだわる人ではありませんが、ひとつの作業を丁寧に行う人に目をかける人です。彼は、その生きざまから、丁寧な作業の大切さを痛感しており、スタッフに対しても厳しく指導されます。

神谷優太は、人のクセを見抜くのは得意だそうですが、自分のクセを知ることは苦手だそうです。彼にとって、人のクセとは、あってないものなんだとか。お客さんの多くは、心にゆがみを抱えているそうで、そのストレスを開放することが、彼の使命だそうです。彼は、日常的に抱えるストレスで、限界を感じていました。彼はマジシャン志望だったため、観察眼があります。バーテンダー時代も同様です。彼はクセを矯正することで、何かを得られると考えています。

神谷優太は、自身に様々なクセがある事を自覚しています。バーテンダーの全国大会で入選出来なかったのは、手先が痙攣する癖を治せなかった事が原因だそうです。彼は今もそのことを悔やんでおり、練習に励んでいるそうです。自分の人生に対するゆがみを内包したうえで、彼は経営を続けています。自分の実績を伸ばすこと、それが彼の今の目標です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 東京ドーム ランチを食べる時に、軽く済ませたいと考える人におすすめなのがHoney Tripです。こ…
  2. 永田紙業は、とにかく他にはない独自のサービスづくりに力を入れています。バリエーション豊富なリサイクル…
  3. スピリチュアリー東京は丸の内 占いの中でも人気のある占いの会社です。やはり人気がある最大の理由はなん…

アーカイブ

ページ上部へ戻る