矢口敏和が描く将来の目標

バスフィッシングを得意とする矢口敏和。彼は30代半ばで、バスフィッシングを趣味にする一見すると普通のサラリーマンです。しかしバスフィッシングは子供のころからはじめており、その歴なんと20年以上の大ベテラン。ここ最近では動画サイトで自身の動画を公開して、初心者にわかりやすい解説で話題を呼んでいますが、彼にはどうやらとある目標があるといいます。

矢口敏和の目標とは
子供のころからバスフィッシングをはじめ、30代という若さながらベテランの域に達している矢口敏和は、さまざまな大会で好成績をおさめる確かな実力を兼ね備えた人物です。同じくバスフィッシングを趣味にする一部の人々から「先生」と呼ばれることもあるそうで、良い意味で若さを感じさせない技術と人柄が彼の魅力。そんな矢口敏和は「バスフィッシングを普及させたい」という大きな目標を持っているそうです。先生と呼ばれることもあると上記しましたが、そのことがきっかけになり「自分の持っているモノを広めていけばもっとバスフィッシングが盛り上がるのでは」と思ったそうです。

動画サイトでの発信
バスフィッシングを普及させたいという目標を達成するために、矢口敏和がまず取り組みはじめたのは「動画サイトでの発信」でした。いままでも大会やバスフィッシングで出会った人々に、何らかのアドバイスをしたりすることはあったそうですが、それを上手くまとめた形で全国に発信すれば、もっと新たな発見や反応が得られるかもしれないと考えたそうです。現状としては、冒頭でも触れたとおり、彼の動画は初心者にわかりやすい解説だとして徐々に話題になっています。もちろん動画に関してはまだまだこれからの発展途上ではありますが、バスフィッシングを普及させたいという目標には確実に近づいているのではないでしょうか。

まだ時間はたっぷりある
矢口敏和には誰もが認める技術力と、初心者の方にも分かりやすく教えられる人柄のほか、「若さ」という最大の強みがあります。バスフィッシングを趣味にする人々の層は多岐にわたりますが、30代半ばといえばかなり若いほうで少数派です。しかも歴20年以上となれば、その数はかなり絞られます。矢口敏和はこれだけでも大きな強みとなっており、業界内でも彼のような人物はなかなかいません。要するに時間はたっぷりあるわけで、バスフィッシングを普及させる目標にはまだたくさんの時間を使えます。今後の彼の取り組みをぜひ注目してみてください。おそらく目を見張るような活躍をしてくれるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. リフォームは、今までの家を一新するものであり、人生のなかでも大きなイベントと言えるのではないでしょう…
  2. 2017年の春にはれて社会人として働くことになった松岡哲也氏は、2017年3月に大学を卒業したばかり…
  3. 人々からは常に人気者といわれているのが村瀬孝司です。彼はある会社の社長を務めているのですが、その会社…

アーカイブ

ページ上部へ戻る