廣瀬光伸の人間性

廣瀬光伸は1990年生まれ、出身地は新潟県です。6人兄弟の末っ子ではありましたが、上の兄たちに負けない強い気持ちの持ち主です。勉強と運動の両方に力を入れて取り組み、それと同じぐらい遊びにもめいいっぱいの力を注ぐ人間です。何に対しても一生懸命に取り組む廣瀬光伸は、場の雰囲気を盛り上げることが得意です。彼の中にはいろいろな知識があるようで、誰とでも、どんな所でもコミュニケーションを上手にとることができます。こうしたところは非常に感心してしまう部分です。

廣瀬光伸の趣味である映画鑑賞、これも彼のもっているあらゆる知識のうちの一つです。好きな映画は繰り返し何度でも観る癖がありますし、毎回同じところで感動して涙を流すこともあります。彼の仲間は彼のこういった部分に好感を持つようです。大好きな映画に夢中になっているときは、何をしても、どんなことを言ってもまったく反応がありません。こうしたところは、まるで子供のようです。高校を卒業した彼は進学先として日本体育大学を選び入学しました。そして学生時代にはラグビーに没頭していました。昔から視力はあまり良くないのですが、ラグビーは彼にとって夢中になれるものであり、プレーをすることで自分を様々な観点から高めていけるものでした。廣瀬光伸は、人当たりがとてもいいのですが、外見が大柄ということもあって、初対面の人、特に女性には敬遠されてしまう傾向があります。これまで付き合ってきた女性は数人いますが、彼が誰にでも優しくしすぎることが原因でことごとく振られてしまいます。

こんなに力強いオーラとしっかりした体格をもっているのに、女性に振られてしまって落ち込む姿も子供のようなのです。そんな廣瀬光伸の姿をみるとちょっと笑えてしまいますが、普段は本当に頼れる男なのです。廣瀬光伸は自分のことを「くだらない」とよく言います。その真意ははっきりとわかりませんが、おそらく自分がどれだけ社会に貢献できているのかが本人には把握できていないからでしょう。彼は自分を「くだらない」と思っていても、周りの人間はどれだけ彼に助けられてきたかということをわかっています。彼は知らないうちに人助けもしていますし、周りの調和をとっているのです。

ムードメーカーと言ってしまうと軽い言い方になるかもしれませんが、彼は末っ子ということもあってか、場の雰囲気を和ませることが非常に得意なのです。常に周囲を明るくしています。最近体力と体づくりのために通い始めたジムでも、たったの数週間で、彼はみんなに慕われて頼られる存在となりました。ですからこれからもきっと彼を頼り、必要とする人は増えてくるのではないかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. トヨタカローラ北越は、新潟県長岡市を中心とし、多くのお客様へ自動車についてサポートを行っているお店で…
  2. 龍神赤不動明王護摩堂が建立されていることで知られている東海本部では、龍神赤不動明王護摩堂が建立された…
  3. 大同電工株式会社をご紹介します。東京都港区に本社を構えており、仮設電気工事にまつわる様々な業務をワン…

アーカイブ

ページ上部へ戻る