小田倉哲治は一流企業の社長の息子

小田倉哲治はコンピューター関連の一流企業の社長の家に生まれました。将来会社の社長となるべく、彼は東京都内にある大学でコツコツと勉強をしていました。成績も優良で大学では特待生として選ばれた経験もありました。小田倉哲治には現在、二人の娘がいます。彼の長女は高校生の頃からとても英語が得意だったので、英語教育に力を入れている大学に入ろうと必死に勉強を重ね、無事合格を手にしました。今は大学を卒業して、グローバルな顧客を相手にした会社に勤めています。次女は音楽が大好きで、吹奏楽部で数々の大賞をもらっている高校に通っていました。現在はバンドを立ち上げて、夢に向かって前進しています。彼の父は自身が立ち上げた会社の社長で、厳しくも優しい人でした。なので部下からの信頼は厚く、常に現場で働く人を大切に思うような人です。

小田倉哲治が大学を卒業した後に勤務していた会社は、父親が直接経営している会社ではなくその子会社です。なぜならば小田倉哲治の父の考えでは、いきなり彼を社長にしてしまうと社会の勉強不足で会社をしっかり運営できず、倒産してしまうと恐れたからです。小田倉哲治は子会社に就職することを快く承諾しました。父親の会社は現在かなりの成長を見せ、不況でも強い会社にまで上り詰めました。彼が務めていた子会社も親会社に引っ張られるような形で、少しずつでしたが上昇しました。彼は持前の頭脳と分析力で、若くても会社を引っ張っていけるような人にまで成長しました。

小田倉哲治は十数年子会社で務めていた後に、ある日突然父親から親会社の社長をやってみないかと言われました。父親は息子に任せる時期が来たのだと決意し、そう彼に話しかけてきたのです。しかし彼は子会社の方の仕事を途中で諦める訳にはいかず、当初は躊躇しました。いきなり子会社を離れるのは、他の社員の皆さんに迷惑がかかってしまうとも考えたからです。そのとき彼の父は、「子会社のリーダーシップをとっていけるお前だからこそ、私の跡継ぎに就くのがふさわしいのだ」と諭しました。彼はかなり悩みましたが、ついに社長となる決意をしたのです。

小田倉哲治は現在父親の後を継いで、一流企業の社長となっています。子会社で働いてきたスキルを生かしつつ、会社全体をまとめあげているのです。父親の息子を大学卒業後すぐに子会社に入社させたというやり方が正解でした。今でも彼は子会社にいたときと同じく賢い頭脳と分析力で、目の前にある課題を解決出来る力強い人間です。社長となった小田倉哲治は、彼の父と同じく社内で尊敬されるような人になっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 永田紙業は、とにかく他にはない独自のサービスづくりに力を入れています。バリエーション豊富なリサイクル…
  2. スピリチュアリー東京は丸の内 占いの中でも人気のある占いの会社です。やはり人気がある最大の理由はなん…
  3. リフォームは、今までの家を一新するものであり、人生のなかでも大きなイベントと言えるのではないでしょう…

アーカイブ

ページ上部へ戻る