外山陽子さんが伝える、ナニワのハッピーライフ

外山陽子さんは大阪府出身の女性です。彼女はアメーバブログのアカウントを持っており、「陽チン」という名前で登録しています。2014年5月を最後にブログ記事の更新は途絶えていますが、記事を見る限り、毎日をとても楽しんで生きているようです。外山陽子さんは、かつて大阪市西区北堀江にあるダーツバー「cross」にて店員を勤めたことがあり、若者受けするおしゃれな空間に華を添えていました。また、外山陽子さん本人もダーツが趣味で、大阪市内にいくつか店舗を構えている「cross」のどこかに出没してはダーツを楽しんできているようです。

次に、外山陽子さんのブログのプロフィールから、人物像を探ります。長所は嫌なことがあっても、寝たら忘れてしまうところです。人によっては嫌なことがあると、ストレスをいつまでも引きずって病気を引き起こしたり仕事に支障をきたしたりすることがあるのですが、寝たらストレスを発散できるという長所は、まさに彼女のブログの温かで、どこかのほほんとしたイメージからも窺い知ることができます。短所には「気にしぃです」と書かれてあります。関西弁でかみ砕いて書くと「気にせんといて」ということになります。また、彼女は趣味に「料理」を持っていて、さらに口癖には「お腹空いた」と書かれてあります。基本的に食欲旺盛で、おいしいものを食べることに幸せを感じていることがわかります。大阪というと、「食い倒れの街」とも呼ばれる難波地区を中心に、おいしい料理に一切の妥協を許さない雰囲気がありますが、まさに外山陽子さんにもその気質があるといえます。

外山陽子さんの最近のブログ記事には、長男を保育所に連れていった時のエピソードが書かれています。嫌がる彼らを何とかなだめながらも、先生があとは何とかしてくれると思うと自分はその場を去り、小学生時代からの幼馴染に会いに行きました。そして、また長男をお迎えに来たときに利口になっていて、自然にまた一緒になって帰っていきます。ニュースでは、自分の子どもがだだをこねたりすると、すぐに親がストレスを溜めて、年齢問わず怒鳴り散らして、挙句の果てには暴力を振るう、ということも聞きます。しかし、彼女のこの振る舞いを見る限りでは、そのようなこともなく、子どもに過剰な愛情を注ぐわけではないにしても、自然に親子が溶け込んでいます。彼女のブログ記事をさらに数件見てみると、高い確率で子どもの成長日記に当たります。何気ない日常のワンシーンを切り取りながらも、少しずつ、確実に成長して凛々しくなっていく我が子の姿を逃さずに描いています。これは今の時代、ハッピーライフを送るにあたってのひとつの見本になるといえるでしょう。

外山陽子さんのブログは、2014年5月を最後に途絶えています。ブログが途絶える原因としてはいくつか挙げられます。ただ単に、更新が面倒になった、あるいはブログを更新している場合ではない出来事が起きた、そのどれかに大別されるのですが、彼女の場合は、経済的に恵まれない今の日本において、しっかりとした家庭を築いて、非常に裕福ではないにせよ、毎日しっかり根を張って生きています。そのため、ブログの更新がない理由は、ただ単に面倒になっただけかもしれません。少なくとも、現在の生活が、当時のブログの様子から激変したということを知る手がかりはありません。彼女はメディアに露出している有名人ではなく、インターネットで名前を直接検索しないと彼女の人間像はわかりません。ですが、イベント続きでどこか心の余裕がなくなりがちな現代の私たちの生活において、夫婦子ども共に自然で温かみあふれ、円満に暮らしている家庭のひとつの重要な目安がこの姿である。そう彼女はナニワの地から伝えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 東京ドーム ランチを食べる時に、軽く済ませたいと考える人におすすめなのがHoney Tripです。こ…
  2. 永田紙業は、とにかく他にはない独自のサービスづくりに力を入れています。バリエーション豊富なリサイクル…
  3. スピリチュアリー東京は丸の内 占いの中でも人気のある占いの会社です。やはり人気がある最大の理由はなん…

アーカイブ

ページ上部へ戻る