吉野美穂子、夢に向かって進む女性

吉野美穂子は、高校生時代は小説を読むことと、英会話を習うことが好きな学生でした。
男の子にあまり興味がなく、それよりも好きな本を読んでいたり、大好きな英会話の勉強をして、いつかペラペラになることを夢見ていたのです。
吉野美穂子のお気に入りの作家は遠藤周作で、特に深い河を読んで衝撃を受けたことがあります。
愛とは何か人生とは何かについて深く考えさせられた一冊で、その後も吉野美穂子は人生のバイブルとして大切にしていきました。そして、その本の影響もあり、もっと大きな視野で世界を見てみたい、自分の可能性を挑戦してみたいと彼女は思うようになり、二年生の夏休みにイギリスへホームステイすることになりました。たった一人で遠く離れたイギリスという国に飛んだ彼女は、スーツケースの中に深い河をお守りとして入れて、挑んでいきます。ホームステイ先では、5歳の女の子とお母さんが彼女を迎えてくれ、楽しく温かい時間を過ごすことができ、彼女にとって大切な思い出となりました。最初の頃は、初めての土地に怯え、震え、涙を流していた彼女ですが、次第に自分らしさを取り戻し、毎日笑顔で過ごせるようになり、英会話を学ぶことに喜びを感じます。そして休日はホストファミリーに連れられて、イギリス南部を旅行することもできました。彼女がお気に入りの街は、ポーツマスという港町で、海を眺めながら名物料理を楽しみ、なんとも素晴らしい時間を過ごし、その時見た海の美しさは、その後の彼女の人生を大きく変えるきっかけになります。彼女は日本に戻るとさらに勉強がしたい、さらに大きな世界を見たいと強く思うようになり、大学進学を決意します。英語を使った仕事をしたい、いつか世界に羽ばたけるような人間になりたいと彼女は望みました。

吉野美穂子は、高校時代に二週間のイギリスでのホームステイを経て、大きく成長していきました。日本に戻ってからは、大学進学に向けて猛烈な受験勉強を始めます。広い世界を見るためには、まずは東京の大学に出ようと吉野美穂子は決意し、親元を離れ一人暮らしをすることになります。東京の大学に進学した彼女が専攻したのは国際関係学科です。広い視野を持つためには、様々な世界の問題や情勢に触れていかなければならないと彼女は思ったようです。国際関係学科では、主に途上国の教育問題や社会問題に取り組み、勉強の合間を縫って家庭教師のアルバイトをして吉野美穂子は海外へ行くためのお金を貯めていきます。
特に長期休暇の間、彼女は毎回海外のボランティア活動に参加しました。タイ、カンボジア、インドネシアなど、様々な国でNGOの事業に参加し、知識と経験を積んでいきました。
本を読んだりするだけでは、決して得ることのできない体験をすることで、彼女は増々活動の幅を広げ、夢に向かって突き進んでいくことになります。大学四年の勉強だけでは、あまりにも少なすぎると感じ、ついには大学院に進学することを決意しました。
しかも彼女が選んだのは、イギリスの大学院でした。もっと知識を広げたい、自分の可能性を信じたい、海外で挑戦したいと強く思い、高校時代のようにたった一人でイギリスに向かうことになりました。
イギリスの大学院は非常にレベルが高く、地元の学生から留学生まですべての学生が勉強熱心で、熱意に溢れていました。
そんな環境の中で、彼女は学ぶ喜び、努力し続ける喜びを新たに見つけ、論文執筆に向けて励んでいきます。そしてその後、無事大学院を好成績で卒業することのできた彼女が次に挑戦したのは、イギリスでの就職です。

吉野美穂子は、大学院を無事好成績で卒業することができましたが、まだまだ挑戦は続きました。
彼女は日本に帰国する選択を捨て、さらにイギリスに残る決意をしたのです。
彼女が見つけた就職先はNGO団体で、主に移民問題を中心に、社会問題や教育問題について取り組んでいる団体でした。
吉野美穂子は大学院時代に得た知識をフル活用して仕事に励んでいきますが、やはり、現場で働くことは、机の上で勉強していることとは全く違ってきます。吉野美穂子は様々な困難にぶち当たるも、持ち前の明るさとポジティブさで乗り越えていきました。いつかは国連や関連団体で働いてみたいと夢を持ちながら、彼女の挑戦はまだまだ続きます。現在は、働きながらパートタイムで博士課程に所属しており、論文執筆に向けて、寝る間を惜しんで研究を続けています。そんな彼女の部屋に大切に置いてあるのは、高校生時代に出会った遠藤周作の深い河という小説です。少し疲れた時や落ち込んだ時などに、お気に入りのページを開いて文章を声に出して読むことが、彼女の元気の秘密になっています。
どんなことでも、愛と勇気があれば乗り越えられるはずだと彼女は信じており、いつも笑顔を忘れずに一日を過ごしているようです。
そして、常に周りの人々に感謝することを大切にしており、どんなことでも感謝の意を述べることを忘れずにいる彼女は、夢と希望に満ち溢れ、人種も性別も超えたたくさんの仲間が集まってくる、そんな魅力的な女性になっていました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. トヨタカローラ北越は、新潟県長岡市を中心とし、多くのお客様へ自動車についてサポートを行っているお店で…
  2. 龍神赤不動明王護摩堂が建立されていることで知られている東海本部では、龍神赤不動明王護摩堂が建立された…
  3. 大同電工株式会社をご紹介します。東京都港区に本社を構えており、仮設電気工事にまつわる様々な業務をワン…

アーカイブ

ページ上部へ戻る