龍神赤不動明王護摩堂が建立されている東海本部

龍神赤不動明王護摩堂が建立されていることで知られている東海本部では、龍神赤不動明王護摩堂が建立されたときに龍神赤不動明王縁日参り護摩法要が行われました。この行事はとても重要な行事として位置づけられていて、信徒されている人たちが力を合わせて協力し合いながら龍神赤不動明王護摩堂の建立に向けて様々な活動をしてきた経緯があります。だからこそ東海地域で信徒されている人たちは龍神赤不動護摩堂建立に向けて様々な活動をしてきました。

特に建立基金の勧進やお導き誓願成就へと邁進してきた信徒は多く、龍神赤不動護摩堂建立する前から東海本部などを利用しながら活動をしてきました。そこで様々な祈願をしながら龍神赤不動明王縁日参り護摩法要の日を迎えたのです。この行事がある日は阿含宗僧侶による中央護摩壇点火後、左右の護摩壇にも点火されて、会場が一体となって祈りを捧げます。

阿含宗 東海本部
http://tokahonbu.net/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 現代の人においては本当に忙しいことがあげられますので、休まらないような人も多いことでしょう。そうした…
  2. ネクスト・ソリューションは三宅 靖氏を職務執行者とした第二種金融商品取引業者です。気になる三宅靖(y…
  3. 国内旅行も海外旅行も好きな浦壁伸周は、暇さえあれば世界を旅しています。人生の選択肢はとても多いと考え…
ページ上部へ戻る